遺産分割協議はどのように分けても大丈夫

相続が発生したら、被相続人名義の

不動産、預貯金、株、投資信託、貴金属等

相続財産をどう分けるか決めるのが遺産分割。


その基準となるのが法定相続分です。


配偶者と子は1:1(子供同士は均分)

相続人が配偶者と子供ABの3名の場合は、

配偶者1/2、子A1/4、子B1/4


たとえば

相続の際の財産が

不動産2000万円

預金 3000万円

の場合、

配偶者 5000万円×1/2=2500万円

子A   5000万円×1/4=1250万円

子B   5000万円×1/4=1250万円

遺産分割で取得権利があります。


配偶者は不動産と預金500万円を取得し

子Aは預金1250万を取得

子Bは預金1250万を取得

すれば、法定相続分どおり取得できますね。


ただ、遺産分割というのは、

法定相続分は考慮しつつ、

相続人が合意していれば、

どのように分けても問題ありません。


契約は自由(私的自治の原則)ですし、

民法906条(遺産の分割の基準)でも

「遺産に属する物又は権利の種類及び性質、

各相続人の年齢、職業、心身の状態及び生活

の状況その他一切の事情を考慮してこれをする」

とあります。


極端な話、

配偶者全部、子ABは0円の遺産分割も可能です

以上

遺産分割協議と法定相続分の関係でした。

あくまで協議の場合ですからね。

なお、

話がこじれ、家庭裁判所のお世話になる場合は

法定相続分が基準になります。


次回は遺産分割と特別受益のお話になります。


司法書士田中康雅事務所

司法書士田中康雅の川崎市麻生区稲城市相続手続登記なんでも相続相談

川崎市麻生区、稲城市、多摩・町田市・横浜市で相続相談、相続登記・信託・贈与・遺言等相続手続中心に司法書士業務に従事し25年。税理士事務所勤務で相続税贈与税等を経験し開業。相続全般の知識経験と相続ネットワークでの相続対策や遺産整理、遺産分割、配偶者2次相続対策を行う司法書士田中康雅事務所は新百合ヶ丘駅徒歩5分、稲城市若葉台駅車10分「改訂版相続相談標準ハンドブック」(日本法令)好評発売。

0コメント

  • 1000 / 1000