相続法改正による自筆証書遺言 相続財産目録編


2019年1月13日から相続法が改正され、すでに施行されています。

自筆証書遺言の財産目録は手書きでなくて大丈夫になりました。

一所懸命書かなくても大丈夫。

通帳コピーでもOKです。ただし注意が必要です。

相続財産目録が手書きでなかった場合、必ず自署及び押印をしましょう。(改正民法968条2項)

             ⇩

差し替えられるといけないので、契印もお忘れなく。

そしてホッチキスで本文としっかり合綴しておきましょう。


なお、本文は手書きです。もちろん、日付、名前も自署です。

ここは変更ありません。

あくまで相続財産目録に関してだけです。コピーが認められるのは。



ところで、

相続財産目録なんですが、

金額は載せる必要がありませんからね。


おっと、妻B子さん、

ごめんなさい。

0円でした。


あくまで、銀行支店種別口座番号等預貯金が特定できれば大丈夫ですからね。

入出金ページは不要ですし、自署押印ももちろん必要ありません。

念のため。。


自筆証書遺言は、相続法が改正されて利用しやすくなりました。

ただ、自筆証書遺言は法的要件を備えていない場合が多く、

無効になる場合がありますので、その点は注意してください。







司法書士田中康雅の川崎市麻生区稲城市相続手続登記なんでも相続相談

川崎市麻生区新百合ヶ丘、稲城市、多摩で相続相談、相続登記・信託・贈与・遺言等相続手続中心に司法書士業務に従事し26年。税理士事務所勤務で相続税贈与税等を経験し開業。相続全般の知識経験と相続ネットワークでの相続対策や遺産整理、遺産分割、配偶者2次相続対策を行う司法書士田中康雅事務所は新百合ヶ丘駅徒歩5分、稲城市若葉台駅車10分「改訂版相続相談標準ハンドブック」(日本法令)好評発売。

0コメント

  • 1000 / 1000