相続税申告と税理士

最近、ご相談にいらっしゃる方で、

パッと見で相続税がかかるそうなお客様が増えてきています。


というか、ご相談者のほうから、

「相続税がかかると思うのですが、・・・・」

という方が多くいます。


もちろん、

私は税理士ではないので税務申告はできませんし、

相続税の相談にお答えすることはできません。


唯一できることは、

「私の知っている税理士の先生をご紹介しましょうか?」

ということです。


全員ではないですが、多くの方が

「お願いします」

となります。


中には

「先生お願いします」

なんて方がいらっしゃいますが、

私は、当然できません。


私にできることといえば、

相続税や贈与税等資産税専門の税理士事務所

に勤務していたので、私自身が相続税のしくみを理解していることと

NPO相続アドバイザー協議会というネットワーク等で

相続税が専門(強い)の税理士の先生を知っていたり、

することとです。


税理士の先生とお客様との相性がありますので、

「もし、合わないようでしたらご依頼いただかなくても大丈夫です」

「相続財産がある程度確定してからで結構です」

とお話ししています。


なので、最初にやることは、

1 戸籍等の収集相続人の確定

2 相続財産の確定(相続財産目録の作成)

となります。

これは、当所で大丈夫です。


その後は

3 税理士のご紹介

4 相続財産総額のご提示(税理士)

5-1 分割案及び分割案に基づいた相続税額の提示

5-2 2次相続を踏まえた分割案及び分割案に基づいた相続税額の提示

   (司法書士&税理士)

6 遺産分割の押印(相続人全員)

7-1 相続税の申告(税理士)+納税(相続人)

7-2 金融機関等相続手続(相続人又は司法書士)

7-3 不動産登記(司法書士)

だいたいこんな感じの流れになろうかと思います。


私の手数料には当然税務申告等に関する報酬は含まれていません。

税理士の先生の手数料は事前にご提示させていただきます。


多分一般の方は、

「どのような税理士に依頼したらいいのだろう?」

とか

「税理士の先生に相談したら相続税の申告を依頼しないといけない。」

とか

「税理士に最初に相談にいけない」

と思っている方が多い気がします。


でしたら、

まずは司法書士に相続の無料相談とか

戸籍の取得を含めた相続の依頼とか

相続財産確定のため銀行、郵便局、証券会社に残高証明の依頼等

軽いステップを踏んでみてはいかがでしょうか。


その司法書士の敷居が高かったりして・・・・・


「そんなことはないですよ」

の川崎市麻生区新百合ヶ丘稲城市の相続手続なら

司法書士田中康雅事務所

がお届けしました。











司法書士田中康雅の川崎市麻生区稲城市相続手続登記なんでも相続相談

川崎市麻生区新百合ヶ丘、稲城市、多摩で相続相談、相続登記・信託・贈与・遺言等相続手続中心に司法書士業務に従事し26年。税理士事務所勤務で相続税贈与税等を経験し開業。相続全般の知識経験と相続ネットワークでの相続対策や遺産整理、遺産分割、配偶者2次相続対策を行う司法書士田中康雅事務所は新百合ヶ丘駅徒歩5分、稲城市若葉台駅車10分「改訂版相続相談標準ハンドブック」(日本法令)好評発売。

0コメント

  • 1000 / 1000