相続セブン?処分対策

セブン、セブン、セブン‬

‪ではなく‬

‪ショブン、ショブン、ショブン‬

‪これからの相続は、‬

‪相続処分対策が大事だなあと‬思います。

相続人が行方不明、近隣所有権不明、相続人がいない

相続放棄、相続したくない、管理なんてできない、

複雑な共有関係、空室が目立つ賃貸物件、未利用地、山林、無道路、がけ地、建築不可物件、空家、別荘など

相続財産を

どう分けるかよりも、

どう処分するか。

生前に考えていれば、

もしかして対策が立てられるかもしれません。

遺言、信託を考えられている方

もう一歩進んでみて下さい。

相続処分対策。

相続後のおしりをまずは考える。

これが大事だと思います。


処分、処分、処分。

うまくいけば

ウルトラ処分


おあとがよろしいようで


川崎市麻生区新百合ヶ丘に近い

稲城市の相続といったらの

司法書士田中康雅事務所が

お届けしました。

司法書士田中康雅の川崎市麻生区稲城市相続手続登記なんでも相続相談

川崎市麻生区新百合ヶ丘、稲城市、多摩で相続相談、相続登記・信託・贈与・遺言等相続手続中心に司法書士業務に従事し26年。税理士事務所勤務で相続税贈与税等を経験し開業。相続全般の知識経験と相続ネットワークでの相続対策や遺産整理、遺産分割、配偶者2次相続対策を行う司法書士田中康雅事務所は新百合ヶ丘駅徒歩5分、稲城市若葉台駅車10分「改訂版相続相談標準ハンドブック」(日本法令)好評発売。

0コメント

  • 1000 / 1000