おばあちゃんの相続対策

おじいさんが亡くなったとき、とりあえずおばあちゃんが相続。

不動産登記なんかもしていなかったりして。

おばあちゃんが相続すれば、ほとんどの家では相続税はかからない。

非課税枠(昔は5000万円×法定相続人の数+1000万円)

子ども2人の標準的ご家庭でも8000万円まで相続税がかからなかった。

平成26年までは。


令和元年現在では子ども2人だった場合、4200万円を超えると、

相続税の申告が必要。


おばあちゃんの相続対策。さあどうしよう。

生命保険に入ろうかしら?

(入れればラッキー)

子どもたちに少し現金贈与しよう。

(おっきいお孫さんがいたらお孫さんにも是非)


「おばあちゃん、元気なうちに使ってね」

子どもからの一言。

心にしみるではありませんか。

まさにこれこそ相続税対策。

旅行に、お買い物、ハッピーシニアライフで、

めでたし、めでたし。



でも、

忘れないでくださいね。

おばあちゃん、

みなさんの知らないところにもっとお金を持っていることを。



川崎市麻生区や稲城市で

2次相続対策も大事ですよ

といったらの

司法書士田中康雅事務所がお届けしました。


司法書士田中康雅の川崎市麻生区稲城市相続手続登記なんでも相続相談

川崎市麻生区、稲城市、多摩・町田市・横浜市で相続相談、相続登記・信託・贈与・遺言等相続手続中心に司法書士業務に従事し25年。税理士事務所勤務で相続税贈与税等を経験し開業。相続全般の知識経験と相続ネットワークでの相続対策や遺産整理、遺産分割、配偶者2次相続対策を行う司法書士田中康雅事務所は新百合ヶ丘駅徒歩5分、稲城市若葉台駅車10分「改訂版相続相談標準ハンドブック」(日本法令)好評発売。

0コメント

  • 1000 / 1000