連絡がとれない相続人がいる場合 ver.2

連絡がとれない相続人がいる場合の心構えで

大事なポイントは、

「法定相続分以上の支出を覚悟すること」

ということだけ前回お話ししたと思います。


前回ブログはこちら

連絡がとれない相続人がいる場合で一番大切なこと


では、それはどうしてでしょうか。

連絡がとれない相続人を探すと、

この2パターンに分かれます。


①やっぱり行方不明なケース

②居場所がわかったケース


では、それぞれみていきましょう。


まず①

戸籍の附票でも住所がわからない。

最後にわかっている住所地でも足取りがない。

行方不明だ~。

もう裁判所の力に頼るしかない。

     ⇩

不在者財産管理人選任申立

遺産分割協議の際の権限外許可

     ⇩

最終的に

不在者の法定相続分の確保

    +

(専門家に頼めば依頼費用)


状況により行方不明者取り分が

法定相続分より少ない場合がありますが、

多くのケースで

「不在者は法定相続分+アルファ」

と覚悟しておいたほうがいいでしょう。



では次②

居場所がわかったとなると、

遺産分割協議となります。

連絡つながった人が納得せず、

遺産分割協議書のハンコをおしてくれなかった場合

どうなるのでしょうか

これもやっぱり裁判所の力に頼るしかないなあ。

   ⇩

裁判所で調停(なかなかうまくいかない)

   ⇩

裁判所で審判

   ⇩

最終的に

連絡がつながった人の法定相続分の確保

    +

(専門家に頼めば依頼費用)


となってしまいます。



もちろん、行方不明者または連絡がとれた相続人が

被相続人から生前になんらかの資金援助してもらっていた、

とか、借金を肩代わりしてもらっていたら、

その分特別受益として法定相続分より減額

となる可能性があります。

ただ、

それを証明する資料など残っていないことがほとんどでしょう。



では、みなさん実際にはどうしているのでしょうか?


法定相続分の覚悟をもって、

遺産分割のため、

次回へすすむ。





事務所の近くに住んでいて、

父ちゃん家いて友達びっくり。

昼食中にこんにちは。

3食ほぼ自宅で照れワーク。

20年前から最先端? の


麻生区新百合ヶ丘24時間体制

司法書士田中康雅事務所がお届けしました。








   




司法書士田中康雅の川崎市麻生区稲城市相続手続登記なんでも相続相談

川崎市麻生区新百合ヶ丘、稲城市、多摩で相続相談、相続登記・信託・贈与・遺言等相続手続中心に司法書士業務に従事し26年。税理士事務所勤務で相続税贈与税等を経験し開業。相続全般の知識経験と相続ネットワークでの相続対策や遺産整理、遺産分割、配偶者2次相続対策を行う司法書士田中康雅事務所は新百合ヶ丘駅徒歩5分、稲城市若葉台駅車10分「改訂版相続相談標準ハンドブック」(日本法令)好評発売。

0コメント

  • 1000 / 1000