相続税 土地評価で用意するもの

土地の相続税を計算するときに必要なのが路線価

路線価は国税庁ホームページにあります


自宅土地の相続税評価額を概算計算するときに

用意するものは以下のとおりです。

地図(なんでもかもいません)

路線価図

固定資産税納税通知書(課税明細書)

登記簿謄本(登記事項証明書)

公図

実測図

順番にやっていきましょう。

①自宅を地図と路線価で確認。

②登記簿謄本や課税明細書で所在地番、地積を確認

③公図で土地の形状を確認

④実測図があれば②③は実測図を採用



① まず、路線価図を中心に見ていきましょう

黄色い土地は

A町2丁目13番の区域の路線価1㎡当たり280,000円

の道路1つに接道しています。

「280D」は、「280」と「D」に分かれます。

280は280千円の意味で、280,000円

Dは借地権割合を意味し、借地権割合A~Gまでです。

Dは借地権割合60%です。

黄色い土地は自宅ですので今回は関係ありません。

2800と読まないでください。

1桁変わってしまします


路線価図に⑫⑬とありますが、

こちらは丁目何番何号のうち

12番、13番という街区を指します。

路線価は住居表示地区は地番で記載されません。

地番は課税明細書で確認してください。


〇号は路線価図では記載ありません。

自宅位置は地図で確認してください。





② 次に課税明細書を準備してださい。

  通常、役所から固定資産税納税通知書と一緒に送られてきます

所在、地番を確認します。

ここは住居表示ではなく、地番です。

地番は登記事項証明書でも確認できます。

住居表示と一致しない場合がほとんどです。

所在地番 A町2丁目3421番

住居表示 A町2丁目13番7号


次に地積をみます。

地積は150.00㎡ですね。

注意点としては、

実測値があればこちらを使わず、

実測値を用いてください。


最後に価格といいたいところですが、

相続税はあくまで路線価ですので、

価格は参考程度にみるだけにしてください。


これで相続税の土地評価額上限概算はだせます。

路線価280,000円×地積150.00㎡

=42,000,000円


なお、土地評価名明細書については、

5分でわかる 相続税土地評価



③ 概算上限は②までで大丈夫ですが、

  ①の路線価図の黄色土地を見てください。

  形ちょっと悪いですよね。

  実際には、②の価格から減額していきます。

  間口狭小、不整形地、は奥行長大  等々



また、ご自宅ですと、小規模宅地等の特例で

ある一定の地積まで8割減額する制度があります。

ただ、適用要件が複雑です。


実際に相続税の土地評価額、軽減、特例等に

ついては、税務署、税理士

にお問い合わせください。


あくまで、このブログは参考知識として

見ていただければと思っています。


川崎市麻生区や稲城市で

相続手続、登記といったらの

司法書士田中康雅事務所がお届けしました。


追伸、

上記でもし借地権者だったら、

路線価

280,000円×60%×150.00㎡

=25,200,000円


貸主だったら、

2,800,000×(100%-60%)×150.00㎡

=168,000,000円

です。





司法書士田中康雅の川崎市麻生区稲城市相続手続登記なんでも相続相談

川崎市麻生区新百合ヶ丘、稲城市、多摩で相続相談、相続登記・信託・贈与・遺言等相続手続中心に司法書士業務に従事し26年。税理士事務所勤務で相続税贈与税等を経験し開業。相続全般の知識経験と相続ネットワークでの相続対策や遺産整理、遺産分割、配偶者2次相続対策を行う司法書士田中康雅事務所は新百合ヶ丘駅徒歩5分、稲城市若葉台駅車10分「改訂版相続相談標準ハンドブック」(日本法令)好評発売。

0コメント

  • 1000 / 1000