自筆証書遺言保管申請

故人の最終意思を尊重する制度

それが「遺言」

費用かけずに、手書きで比較的簡単に書けるのが

自筆証書遺言。

保管方法の規定もありませんでした。


でも、

遺言を紛失してしまったり、

相続人が破棄したり、偽造したり、

それがもとでトラブルになったり・・・


遺言者が亡くなった後も、

家庭裁判所での証拠保全手続きの

「検認」が必要。

これが結構日数かかります。


そこで、

2020年7月10日からスタートしたのが

「自筆証書遺言の保管制度」です。


この制度を利用すると、

✅ 遺言書の紛失が防げます。

✅ 遺言書の偽造、隠匿等を防止できます

✅ 生前、他人に遺言書を見られません

✅ 検認が不要です


全体のイメージは、以下のとおりです


1 法務局に自筆証書遺言の保管申請をします

 (本人が必ず出頭します)


2 遺言書原本は法務局が保管します。

  (生前は遺言者のみ閲覧可能)


3 死亡後、遺言書情報証明書の交付申請をします

 (遺言書の写しに一定情報が記載されたものを証明)


4 検認をせず、相続手続可能


5 3の証明申請を行うと他の相続人に通知されます。




今回は、1の保管の申請についてです。

こちら

申請する際は必ず予約してください。

住所地、本籍地又は所有する不動産の所在地

いずれかの法務局に申請。


申請時に必要なものは上記のとおり。


ポイントは以下のとおり

・2020年7月日より前の作成日の遺言可能。

・本人確認が必要なため、本人の出頭が必要です。

 代理人不可ですが、付き添い可能です。

・内容のチェックはしません。

  無効だったり、内容が曖昧で

  相続手続きができない場合があります。

  実は、ここが大きな問題だったりします。


日付、署名、押印等方式チェックはあります


・申請完了後保管証を受領し手続き終了です。

  紛失しても遺言の効力に問題ありませんが、

  再発行不可です。

・遺言書原本は返還されません。

  必要があればコピーをとっておきましょう。

  後日閲覧は可能。写真を撮ることも大丈夫です。


その他の補足事項です。

・遺言書の内容を変更したい場合

 どうしたらいいのでしょうか。

 遺言書の原本は法務局に保管されています。

 そこで、2つの方法があります

 1 保管申請を撤回し、遺言書原本返還の受け、

   遺言を訂正又は新たに遺言を書き直し、

   再度保管申請をする方法

 2 遺言書の撤回をせず、新たに遺言書を作成し、

   2つめの遺言保管申請をする方法。

 遺言は撤回しなくても、後の遺言と前の遺言で

 内容が抵触している場合、後の遺言が優先します。

 ただ、前の遺言記載内容が分かってしまうため、

 前の遺言でもらう予定だった人は納得できない

 場合が多いでしょう。

 ケースにもよりますが、

 1の方法のうちの中でも遺言を訂正する方法

 ではなく、新たに遺言を書き直し再度保管申請

 した方がいいと思います。

 

 遺言書の保管を撤回しても、

 自筆証書遺言の有効性については、

 なんら変わりません。

 保管を撤回しただけなので、

 保管制度を利用していない

 自筆証書遺言になるだけです。

 なお、保管制度の利用は任意です。


 自筆証書遺言の保管制度は新しい制度なので、

 制度を完全に理解されたうえでご利用ください。

 一度専門家に相談されてはいかがでしょうか。


川崎市麻生区、稲城市、高津区(最近多い)

の遺言相続相談といったらの

司法書士田中康雅事務所がお届けしました。

司法書士田中康雅の川崎市麻生区稲城市相続手続登記なんでも相続相談

川崎市麻生区、稲城市、多摩・町田市・横浜市で相続相談、相続登記・信託・贈与・遺言等相続手続中心に司法書士業務に従事し25年。税理士事務所勤務で相続税贈与税等を経験し開業。相続全般の知識経験と相続ネットワークでの相続対策や遺産整理、遺産分割、配偶者2次相続対策を行う司法書士田中康雅事務所は新百合ヶ丘駅徒歩5分、稲城市若葉台駅車10分「改訂版相続相談標準ハンドブック」(日本法令)好評発売。

0コメント

  • 1000 / 1000