公正証書遺言の最大の特徴

みなさん、

遺言を書く目的って何ですか?


誰か特定の人に財産を残したい。

又は残したくない。

揉めないため。

遺産分割協議ができない状況にある。

などなど。


遺言って書いて終わりではないです。

遺言執行が完了して終わり(のはじまり)です


(のはじまり)としたのは、

遺留分額侵害請求をされる場合があるからです。

念のため。


遺言執行するためには、

遺言が有効であることが大前提です。


みなさんが書こうとしている遺言書。

有効ですか?

相続開始後手続きをとることができますか?

誰かほかの人が手を加えていませんか?


遺留分侵害額請求以外で

相続人間でトラブルになるのは、

自筆証書遺言のほうが多いです。

(事前に専門家に相談をおすすめします)

(もちろん、有効なものも多いです)


公正証書遺言であれば、

遺言内容については、ほぼ100%近く有効です。

(人の行為なので100%とは言えないです)

(判断能力が問題となる場合もあります)


そう、公正証書遺言の最大の特徴は、

有効性です。


生前から相続人間で明らかに争いがある場合

有効か無効のところで争いたくないですよね。


自筆証書遺言の内容でまず争って

有効となったはいいが次は遺留分侵害額請求。

だったらはじめからの公正証書遺言。

こんな感じです。


公正証書遺言のもう1つの特徴は、

検認が不要

(日数、手間かかる家庭裁判所で行う証拠手続)

ということだったのですが、

自筆証書遺言保管制度が創設され、

それを利用すると検認が不要となったので、

最大の特徴とは言えなくなりました。


どれくらい費用がかかるかわからない方は

公正証書遺言費用ってどれくらい?

をご参考にしてください



司法書士田中康雅の川崎市麻生区稲城市相続手続登記なんでも相続相談

川崎市麻生区、稲城市、多摩・町田市・横浜市で相続相談、相続登記・信託・贈与・遺言等相続手続中心に司法書士業務に従事し25年。税理士事務所勤務で相続税贈与税等を経験し開業。相続全般の知識経験と相続ネットワークでの相続対策や遺産整理、遺産分割、配偶者2次相続対策を行う司法書士田中康雅事務所は新百合ヶ丘駅徒歩5分、稲城市若葉台駅車10分「改訂版相続相談標準ハンドブック」(日本法令)好評発売。

0コメント

  • 1000 / 1000