株式相続は所有株式数に注意が必要

株式の相続手続きを行う際、

証券会社の取引報告書で保有資産を確認したり、

残高証明書で株式数を確認したりします。


必ず確認してほしいのが株式数です。

証券会社の発行する残高証明書だと

〇〇株式会社の株式は300株です。




未受領配当金がないか確認するために、

配当がある場合は、

通常株主名簿管理人となっている信託銀行から

株主に送られてくる配当計算書をチェックします。


信託銀行から送られてくる配当計算書では、

所有株式数は348株となっています。


???



どういうことなのかというと、

今回のケースでは

被相続人は、

証券会社に300株保有

信託銀行の特別口座に48株保有

している可能性があります。


信託銀行の特別口座とは、

株券電子化までに証券会社を通じて上場会社の株券を

証券保管振替機構に預託されなかった株主に対し、

発行会社が信託銀行に開設された口座のことです。

(株券電子化後に上場した会社の株主で、

証券会社で口座開設をしなかった場合含む)



上記の場合、

〇〇株式について、

⊡⊡証券会社と

△△信託銀行で

それぞれ相続手続きをする必要があります。


最終的には、

証券会社及び信託銀行に確認しますが、

事前に漏らさないためには

株数チェックは忘れずにしたいですね。


遺産分割協議で、

「〇〇株式全て」

「新たに発見された株式については一郎へ」

等であれば問題ありませんが、

株式数を遺産分割協議書に記載する場合は、

漏らさないよう

特に注意しましょう。



株式等有価証券の相続手続きなら

川崎市麻生区・稲城市の相続相談事務所

司法書士田中康雅事務所でした。





司法書士田中康雅の川崎市麻生区稲城市相続手続登記なんでも相続相談

川崎市麻生区新百合ヶ丘、稲城市、多摩で相続相談、相続登記・信託・贈与・遺言等相続手続中心に司法書士業務に従事し26年。税理士事務所勤務で相続税贈与税等を経験し開業。相続全般の知識経験と相続ネットワークでの相続対策や遺産整理、遺産分割、配偶者2次相続対策を行う司法書士田中康雅事務所は新百合ヶ丘駅徒歩5分、稲城市若葉台駅車10分「改訂版相続相談標準ハンドブック」(日本法令)好評発売。

0コメント

  • 1000 / 1000