遺産分割協議後の精算方法

遺産分割協議が終わって

預貯金の相続手続、解約。

母が遺産分割前に預金を使ったし、

現金もある、

どのように精算しようかしら?


被相続人の父の相続時の財産は、

 預金2000万円、

 現金500万円。

母が預金から200万円使った後、

遺産分割協議をしました。

協議の結果、

自己消費してしまった分を含め

全相続財産を母と子で1/2ずつ

分けることに決定。

 


さっそく精算してみましょう。


  預金は2000万円を1/2ずつ

   母が1000万円

   子が1000万円 

  取得するのですが、

① 母は先に200万使っています。


➁ 遺産分割時の預金は1800万円

  1/2ずつ取得ですので、

   母900万円

   子900万円

  ずつ振り分けます。



③ 現金は500万円は

   母250万円

   子250万円

  

➃ 先に母が取得した200万円を

  そのままにしてしまうと

  母の預金取得額がトータル

  1100万円ですので、100

  万円母から子へ支払います。


⑤ ①➁③④を整理すると、

   母1250万円

   子1250万円

  となるので、

  トータル2500万円を各1/2

  ですので、これでOKです。


⑥ もう少し簡便化するのであれば、

  ③の現金

   母 現金 250万円

   子 現金 250万円

  の振り分けを、

  実際は

   母 現金150万円

   子 現金350万円

  とすれば、

  ➃の100万円の支払い

  精算できたことになります。


遺産分割の方法、精算は、

いろいろなやり方があります。


皆さんが精算するときは、

相続人間の贈与になるかどうか、

与税課税対象になるかならないか

税務署に確認するか

税理士に相談をしましょう

相談する税理士がいない場合には、

相続を相談している専門家に

紹介してもらいましょう。

  

  

   

川崎市麻生区新百合ヶ丘稲城市

相続手続き登記なんでも相談

司法書士田中康雅


司法書士田中康雅の川崎市麻生区稲城市相続手続登記なんでも相続相談

川崎市麻生区新百合ヶ丘、稲城市、多摩で相続相談、相続登記・信託・贈与・遺言等相続手続中心に司法書士業務に従事し26年。税理士事務所勤務で相続税贈与税等を経験し開業。相続全般の知識経験と相続ネットワークでの相続対策や遺産整理、遺産分割、配偶者2次相続対策を行う司法書士田中康雅事務所は新百合ヶ丘駅徒歩5分、稲城市若葉台駅車10分「改訂版相続相談標準ハンドブック」(日本法令)好評発売。

0コメント

  • 1000 / 1000