おーい! 兄弟姉妹の代襲相続

最近になって多い兄弟姉妹の相続。

長年なんにも相続手続していないケースもちらほら。

山、地方の土地などさまざま。

今になってなんとかしないと。

ということでのご依頼。


子がいない、両親(祖父母)は既に他界の

第三順位の兄弟姉妹相続の場合、

その兄弟姉妹が先に死んでいたときは、

その兄弟姉妹の子(被相続人からみて姪・甥)が

相続人(代襲相続)であることは、結構ご存知の方も多いと思います。


兄弟姉妹の場合相続人は兄弟姉妹の子一代限り。

その兄弟姉妹の子(甥・姪)が先になくなっていた場合は、

その兄弟姉妹の孫は代襲相続人にならない。


正解です(ただし、昭和56年1月1日以降の相続開始に関する)


「おーい」

つっこみではありません。

兄弟姉妹の孫「大甥(おおおい)・大姪(おおめい)は、

昭和56年12月31日以前の相続に関しては(旧民法は除く)、 

相続人(代襲相続人)なんです。 

昔は兄弟姉妹の相続分も1/3ですからね。

ちなみに大甥は又甥(またおい)とか姪孫(てっそん)と言ったりもします。





休眠土地(所有者不明土地)に関連する法律も徐々に整備されています。

昭和55年12月31日以前の相続、これから増えますからね。

間違わないでくださいねー。



兄弟姉妹の相続相談といったら

川崎市麻生区王禅寺東西も車でどうぞの

司法書士田中康雅事務所がお届けしました。



ちなみに子供のころの最寄駅は 

「おーい(大井)町」でした。









司法書士田中康雅の川崎市麻生区稲城市相続手続登記なんでも相続相談

川崎市麻生区新百合ヶ丘、稲城市、多摩で相続相談、相続登記・信託・贈与・遺言等相続手続中心に司法書士業務に従事し26年。税理士事務所勤務で相続税贈与税等を経験し開業。相続全般の知識経験と相続ネットワークでの相続対策や遺産整理、遺産分割、配偶者2次相続対策を行う司法書士田中康雅事務所は新百合ヶ丘駅徒歩5分、稲城市若葉台駅車10分「改訂版相続相談標準ハンドブック」(日本法令)好評発売。

0コメント

  • 1000 / 1000