納税通知書(課税明細書)と相続税

毎年ゴールデンウィーク前後~6月に送られてくる

固定資産税納税通知書。

いっしょに課税明細書が入っていると思います。

(役所によって形式違うと思いますが)


相続が発生したけれど、

路線価図なんてお手元にないですよね。

そんなとき、とりあえず、

土地の価格の参照になるのが

固定資産税評価額(価格)

これは公示価格の約7割でしたよね。

        ↓ こちらで確認

公示地価と路線価、固定資産税価格の関係

固定資産評価÷0.7×0.8

≒だいたいの路線価価格


では、事例で見てみましょう

(数字は説明用であり、実際とは異なります)


固定資産評価額36,000,000円÷0.7×0.8

=41,142,857円


他方、単純に

路線価 × 地積

280,000円×150.00㎡

=42,000,000円

(画地補正、個別要因考慮せず)



だいたい同じような数字になりましたね。



ただ、あくまでも参考数値ですからね。


なお、固定資産評価は3年に1回の

見直しなので、価格上昇トレンドになっている地域は、

公示価格が上がっている可能性があり、

その場合、路線価も上がります。

ご注意ください。

また、

実際の相続税評価は

税務署、税理士にご相談ください。



だいたい、ご自身の不動産が

どれくらいなのか

イメージをもっていただければ幸いです。


以下は

日頃私が参考にしているHPです。

非常に便利ですよ。


標準地、公示地価、取引事例価格を知るには

公示地価(国土交通省)


路線価を知るには

路線価(国税庁)


公示地価、相続税路線価、固定資産税路線価

を地図上で確認するには

全国地価マップ

(一般社団法人資産評価システム研究センター)




川崎市麻生区・稲城市で

遺産分割の際、

不動産価格のご相談といったらの

司法書士田中康雅事務所がお届けしました。


司法書士田中康雅の川崎市麻生区稲城市相続手続登記なんでも相続相談

川崎市麻生区新百合ヶ丘、稲城市、多摩で相続相談、相続登記・信託・贈与・遺言等相続手続中心に司法書士業務に従事し26年。税理士事務所勤務で相続税贈与税等を経験し開業。相続全般の知識経験と相続ネットワークでの相続対策や遺産整理、遺産分割、配偶者2次相続対策を行う司法書士田中康雅事務所は新百合ヶ丘駅徒歩5分、稲城市若葉台駅車10分「改訂版相続相談標準ハンドブック」(日本法令)好評発売。

0コメント

  • 1000 / 1000